muraの料理レシピ

あとからレシピだけを見られるようにサブブログでまとめてます。こちらも読者登録お願い致します。

はんぺんコロッケ!~はんぺんだけだけど・・・

 過去にレシピアップしてたかなぁと思いましたが、なかったですね。
レシピという程ではありませんが・・・
確か?高校生の調理部の人が賞を取ったレシピなんですよね。

「材料」 

〇はんぺん2枚
〇マヨネーズ(1枚に対して小さじ1くらい)適量
〇小麦粉
〇パン粉

「作り方」

①はんぺんをボールに出します。(ビニール袋の方が手が汚れなくていいですね。)

②マヨネーズをピューッとします。

③手でつぶして混ぜます。

f:id:karutakko-muratan:20200604090318j:plainf:id:karutakko-muratan:20200604090302j:plainf:id:karutakko-muratan:20200604090246j:plain
①~③工程

④お好みに成形します。(いびつですが、それが何か?って感じでいいんです)
 画像:丸めます!の間違いですね。

f:id:karutakko-muratan:20200604090233j:plain

⑤小麦粉に水を加えてバッター液作ります。(適当)
(卵の工程が省けるのでウチでは専らバッター液です)

f:id:karutakko-muratan:20200604090218j:plain

⑥普通に揚げます。

f:id:karutakko-muratan:20200604090204j:plain

⑦ひっくり返して・・・・

f:id:karutakko-muratan:20200604090149j:plain

⑧出来上がりました。

簡単ですよねぇ。。。
このままでも食べられますが、ソースにケチャップ、タルタルソース!
お好みでどうぞ!

f:id:karutakko-muratan:20200604090136j:plain


これがはんぺんの味だけで、揚げると不思議に「エビも入ってる?」って思うような美味しさなんですよねぇ。。。
エビマヨ味のせいかなぁ???


f:id:karutakko-muratan:20200604090053j:plain

この日のメニューはこんな感じでした。


過去のブログでゆで卵と和えた「卵はんぺんコロッケ」というのも作っていたようです。(記憶になかったのですが・・・)
関連ブログで出てきました。
はてなさんは、そういう自分が忘れている過去の記事も蘇らせてくれるので嬉しいですよね。

karutakko-muratan.hatenablog.com

昨日のあさイチレシピで偶然にもはんぺんとアボソースを使ったはんぺんコロッケも紹介されてましたが、こっちの方が簡単なんです。笑

でも、きれいなグリーンのはんぺんコロッケもいつか作りたいですね。

アボソースはこちらです!

f:id:karutakko-muratan:20200604101352j:plainf:id:karutakko-muratan:20200604101404j:plain
あさイチレシピです。

アボソースは、グラタンで「小麦粉使わないグラタン」で是非作ってみたいです。
アボカドってグリーンできれいなんですよねぇ✨

チーズダッカルビ~ホットプレートで簡単です!

 こちらもまたあさイチレシピですね。
前にもネット検索して作ってますが。。。

この方法が一番簡単です。

「材料」4人分

鶏もも肉2枚
〇焼肉のタレ(市販)大さじ4~5
コチュジャン大さじ2
〇キャベツ1/2個
〇新玉ねぎ1個
〇ピーマン(あとは御好みで)
〇えごまかシソの葉
〇ピザ用チーズ150g

「作り方」

①ポリ袋に大き目のひと口大に切った鶏もも肉を入れて、焼肉のタレとコチュジャンを入れてよく揉んで放置しておく。
(子供にやらせてもいいですね。キッチンバサミで切ってもOK)

②キャベツは大き目のザク切り、玉ねぎは繊維を切るように1㎝幅に切り、ピーマンもザク切り!

③ホットプレートの真ん中を開けて野菜を並べて、真ん中にビニール袋の鶏肉をドバーッと流す。

④フタをして200℃くらいで8分くらい焼く。


f:id:karutakko-muratan:20200602095918j:plain


⑤全体的に混ぜて、真ん中を開けて今度はチーズをドバーッと!

また蓋をしてチーズが溶けたら、絡ませながら食べる。


f:id:karutakko-muratan:20200602095855j:plain


こんな感じになります。
シソの葉をちぎって入れてます。

f:id:karutakko-muratan:20200602095843j:plain

基本的には、焼肉のたれとコチュジャンがあればあとは何を入れても美味しいはず!
焼肉のタレって何でも入っていて味が確立されてるので、何にでも使えますね。

f:id:karutakko-muratan:20200602095940j:plain

コチュジャンは、辛味のためなので大人で辛いのが好きな人はたっぷりとどうぞ!

何にもしたくない日曜日の夜とかにお勧めです。笑

karutakko-muratan.hatenablog.com

豚肉と玉ねぎのソース漬け!

 あさイチのレシピから便利な一品です。

f:id:karutakko-muratan:20200530155506j:plain

こちらテレビ画面をパシャッ📷笑

玉ねぎを含めたソースに茹でた豚肉を漬けて冷蔵庫に休ませておく便利な一品です。
次の朝パンに挟んだり、お弁当に入れたり・・・

「材料」~4人分

・新玉ねぎ(1個)
・豚肩ロース(300g)・・・薄切り

ソース
・中濃ソース(大さじ4)
ウスターソース(大さじ2)
・酢(大さじ2)
・サラダ油(大さじ2)

「作り方」

①豚肩ロース肉は、ひと口大に切り、カップ4の湯を沸かします。

②玉ねぎを繊維を断ち切るように切ります。
 (真ん中に切り込みを入れておくと同じ長さに切れます)


f:id:karutakko-muratan:20200530155452j:plain


③保存容器にソースの材料を混ぜ合わせておきます。

f:id:karutakko-muratan:20200530155349j:plain


④沸騰したら火を止めて、そこに豚肉を入れてフタをします。
 余熱で色が変わるまで!

f:id:karutakko-muratan:20200530155402j:plain


⑤③に茹でた豚肉を入れてソースを絡ませます。

 2回くらいひっくり返したら・・・

f:id:karutakko-muratan:20200530155337j:plain


⑥ラップを落し蓋のようにして、「落としラップ」をします。
 冷蔵庫に休ませて・・・
 4時間後くらいから美味しく食べられます。



f:id:karutakko-muratan:20200530155324j:plain


私は夜に作っておいて・・・
朝食に!
サンドイッチは、底の方を切り残して挟むとこぼれません。

f:id:karutakko-muratan:20200530155308j:plain


そして、お弁当にも冷たいまま!

f:id:karutakko-muratan:20200530155254j:plain


4日後の今朝も詰めました。


f:id:karutakko-muratan:20200530155237j:plain


ソース味が滲みてて美味しいですよ!
冷蔵庫に時々あると安心な一品ですね。

夕飯のサラダにしてもいいですね。
何もできてなくても一品あると思えばそれだけで幸せです。

是非冷蔵庫の中に常備しておいてくださいませ。

出汁解凍~便利で栄養満点です!

 まだまだ野菜の保存(料理)方法がありました!


少し前に、冷凍すると便利な調理法が紹介されてました。

これが便利なんです。


野菜をそこまで喜ばない旦那様もお気に入りです。

簡単です。

こんな感じに洗ってカットした野菜をジップロック等にしっかり空気を抜いて入れて冷凍するだけです。

f:id:karutakko-muratan:20200518112732j:plainf:id:karutakko-muratan:20200518112545j:plain
出汁解凍で栄養満点!

食べたい時に出汁を入れるだけで・・・

5分後には食べられます!

野菜の栄養はそのままだし、シャキシャキしてる食感とピーマンの苦味も臭みもなくなり・・・

とってもいい感じです。

出汁の材料

(冷凍ピーマン5個)

・めんつゆ(ストレート)200CC
・鰹節 適量・・・・・・(なくてもOK)
・ちりめんじゃこ    適量

小松菜には、鰹節がいいみたいです。

f:id:karutakko-muratan:20200518090153j:plain
ピーマンの出汁解凍~シラス入り


できるだけカット断面から栄養が流れていかないように・・・
野菜は洗ってからカットしてくださいませ。

あとは自分なりの出汁でアレンジできますね。

ピーマンは、無限ピーマン以来の美味しさです。

karutakko-muratan.hatenadiary.jp

イカの塩辛おつまみやっこ

f:id:karutakko-muratan:20200508091007j:plain

材料 (2人分)

・絹ごし豆腐  1丁
青じそ    練りチューブ1㎝
・ごま油    小さじ4
・みょうが   1個
イカの塩辛  100g
・にんにく   おろしチューブ1㎝

作り方

ミョウガを千切りにする(あれば青じそも)

②フライパンにごま油を入れ、強めの中火で熱し、 イカの塩辛&にんにくをさっと炒める。

③水切りした絹ごし豆腐を 半分に切り、豆腐に②をかけて、ミョウガをのせる。 

生でもなく、炙りイカとも違う・・・
ちょっと変わった食感のおつまみです。
薬味を変えたりしてどうぞお試しを~🎶

karutakko-muratan.hatenablog.com

茶碗蒸し~和洋折衷の具材です。

f:id:karutakko-muratan:20200505222211j:plain
具が出てきたところ

先日、本棚整理していて・・・
やっとレシピが書いてあった料理本を見つけました。

こちらにアップしておきます。

茶碗蒸しが大好きな旦那様!
こちらを作ったら・・・
「鶏肉もぎんなんもなくても~こっちの方がいい」と言ってました。

材料(直径7.5㎝くらいの耐熱容器6個分)

・卵2個(100ml)
・だし(昆布とかつお)300ml
・薄口しょうゆ 小さじ2
クリームチーズ60g
・ベーコンスライス4枚
・切り餅1個

作り方

クリームチーズは1.5㎝角、ベーコンは1㎝四方、切り餅は6等分に切る。

②ボウルに卵を割り入れ、菜箸で切るように混ぜて白身と黄身を混ぜる。

③②にだしを混ぜ、細かいザルで濾し、薄口しょうゆを加える。

④耐熱性の器に③を注ぎ入れ、餅を入れる。


f:id:karutakko-muratan:20200415003801j:plain
以前間違って具材を先に入れてました!


⑤フライパンに2㎝深さに水をはり、強火で沸かして、④を並べ入れ、器の上にフタをのせて、弱火で6~7分蒸す。

⑥表面が固まってきたら、他の具材をそっとのせ、再びフタをして1~2分蒸したら出来上がり。

f:id:karutakko-muratan:20200505222227j:plainf:id:karutakko-muratan:20200505222243j:plain
茶碗蒸しが主役!

プルンプルンのトロ~リとした食感で・・・
クリームチーズとお餅の存在感が凄いです。
ウニの茶碗蒸し以来の感動でした。

最近では専らこちらの茶碗蒸ししか作ってません。

f:id:karutakko-muratan:20200415003745j:plain
以前はちょっと失敗してました

是非一度お試しを~🎶

担々麺~材料少なくてもできます🍜

f:id:karutakko-muratan:20200505105211j:plain

担々麺~材料が少なくても大丈夫なんですね。
大体、これと挽肉あれば、20分くらいでできます。

基本的には尊敬してやまない「山本ゆり」さんのレシピです。
ねりごまなくても・・・ってレシピでしたが、ウチには牛乳がなかったので練りごま使いました。笑


f:id:karutakko-muratan:20200505105455j:plain


材料(2人分)

・ごま油・・・・・・・・・・小さじ1
・合い引き肉か豚ひき肉・・・150g
・中華麺・・・・2玉

A
・にんにくすりおろし・・・小さじ1
・しょうがのすりおろし・・小さじ1
・豆板醤・・・・・・・・・小さじ1~5(お好みで)

B
・砂糖・・・・・・・・・・小さじ1
・顆粒鶏ガラスープの素・・大さじ1
・ねりごま・・・・・・・・5g(5cm)
・水・・・・・・・・・・・400ml

あれば万能ねぎの小口切り
ラー油 ・・・・・・・お好みで!

作り方

①深めのフライパンにごま油を熱し、ひき肉とAを入れて炒める。

②色が変わったら、Bを加えて1~2分煮る。

③塩コショウで味を調える。


f:id:karutakko-muratan:20200505103021j:plain

これを作っておけば、あとは麺を茹で湯切りして、温めた器に入れて、①~③を温め直して注ぐだけです。

仕上げにすりごまふってもいいですね。
直ぐに食べる際には、①のフライパンの横のコンロで同時にお湯を沸かしておくとすぐに出来上がります。


f:id:karutakko-muratan:20200505103038j:plain


これが残ってあったので・・・
チューブ入りは便利ですよねぇ。。。

結構何でも揃えてます。

f:id:karutakko-muratan:20200505103107j:plain

おろしタイプ以上にこのきざみタイプが大好きです。

中華には、これらがあると大体何でもできますね。

f:id:karutakko-muratan:20200505103054j:plain

コチュジャンは、お皿に直接とって使うことも多いです。

大人と子供で辛さを変えれば・・・
どなたでも美味しく召し上がれますよ!

是非作ってみてくださいませ~🎶